はちみつちゃん

エンタメ、役立ち情報、ネタ、日記等を配信中。

砂利の下に防草シートを敷いて雑草を防ぐ!防草シートをレビュー!

スポンサーリンク

f:id:Hachi32TK:20180406205832j:plain


f:id:Hachi32TK:20180406204536j:plain

以前、私の家の庭は雑草に覆わていて雑草の処理にとても手惑いました。

雑草が生え切った状態の庭では洗濯物を干すことやBBQなどもできないためとても不便です。

f:id:Hachi32TK:20180406192203j:plain

必死に雑草を取り除き、庭に生えてくる雑草を防ぐためにホームセンターで砂利購入して敷き詰めました。

砂利が敷いてあるので雑草対策が施されている庭に見えますが拡大してみると……

f:id:Hachi32TK:20180406192335j:plain

砂利の隙間から雑草が伸びています。

冬場は気温も低く日照時間も短かっため雑草が目立つことはありませんでしたが、このまま雑草を放置しておくと……

f:id:Hachi32TK:20180406192647j:plain

夏場にはまたここまで雑草が伸びてしまうかもしれません。

そこで砂利の下に防草シートを敷いて雑草が生えてこないように対策をすることにしました。

この記事では実際に防草シートを敷いた感想や効果を紹介します。

砂利の下に防草シートを敷いて雑草を防ぐ!

Amazonで防草シートを購入しました。

主な仕様や使用感、効果などを紹介します。

止めピンを使用することで防草効果をより確実なものにすることができます。

主な仕様

f:id:Hachi32TK:20180406193358j:plain

Amazonで購入した園芸用防草シートです。

主な仕様については以下にまとめました。

  • サイズ:1m×10m 
  • 色:濃緑色
  • 材質:ポリプロピレン

この商品の最大のアピールポイントは切って敷くだけで誰でも簡単に雑草対策が行えることです。

雑草対策を業者に頼むと費用が高くなりがちですが、自分で行うことが出来るので防草シートの値段だけで行うことができます。

防草シートの特徴

f:id:Hachi32TK:20180406194336j:plain

効果的に太陽光を遮断することにより雑草が生えてくることを防ぎ、薬剤を使用していないのでペットにも優しいです。

ハサミでカットをした際に防草シートの端がほつれることも無いので長期間の使用にも対応しており、厚手の不繊布により雑草抑制効果が高いところもおすすめポイントですね。

使い方&注意点

f:id:Hachi32TK:20180406194727j:plain

防草シートの使用方法を以下にまとめます。

  1. シートを敷く前に雑草などを完全に取り除く。
  2. 花壇や植栽している部分は大きさに合わせてハサミでカットする。
  3. シートの合わせ目は10cm程重ねて使用する。
  4. 止めピンは1m~2m間隔で使用する。

雑草を取り除く

f:id:Hachi32TK:20180406203410j:plain

防草シートを敷く前に庭に生えている雑草を完全に取り除く必要があります。

雑草の尖った切り株等が残っていると防草シートが破れてしまうことがあり、破れた部分から太陽光が雑草の根に当たると雑草が成長してしまう可能性があるためです。

植栽をしている部分は雑草シートで覆わない

f:id:Hachi32TK:20180406204940j:plain

花壇や植栽をしている箇所に防草シートを覆ってしまうと植物の成長を止めてしまう為防草シートで覆わない様にしてください。

シートの合わせ目は10cm程重ねる

f:id:Hachi32TK:20180406205004j:plain

防草シートの合わせ目は10cm程重ねるようにして隙間から太陽光が当たることを防ぎます。

防草シートの隙間から雑草が生えてくると後処理が大変ですので必ず10cm重ねるようにしましょう。

止めピンは1m~2m間隔で止める

防草シートが雨や風でズレることを防ぐために1m~2m間隔で止めピンを使用します。

注意点

f:id:Hachi32TK:20180406205216j:plain

防草シートに火が移る可能性があるため火気がある場所での使用は控えてください。

風の強い日の取り付け作業は防草シートが飛ばされてしまうこともあるので注意をしながら作業をするようにしましょう。

廃棄をする場合は各自治体のルールに従い処理をしてください。

実際に防草シートを敷いてみる

f:id:Hachi32TK:20180406202203j:plain

ここからは実際に防草シートを敷いた感想を紹介します。

f:id:Hachi32TK:20180406202342j:plain

防草シートを敷く部分と重ならないよう砂利を取り除いておきます。

砂利を寄せる作業がとても辛かったのでこれから雑草対策を行う人は先に防草シートを敷くことをおすすめします。

f:id:Hachi32TK:20180406202543j:plain

防草シートを敷く部分の砂利を取り除いたら、雑草シートを広げて仮置きをします。

防草シートを敷く場所が決まったら止めピンを使用して固定します。

f:id:Hachi32TK:20180406202829j:plain

防草シートの重ね目は10cm程重なるより配置することを忘れずに。

取り除いておいた砂利を敷くことで自然な見た目になりますね。

f:id:Hachi32TK:20180406202957j:plain

配管周りは防草シートをカットして置くことができるので無理なく敷くことができます。

こういった複雑な地形にも対応しているため使い心地はいいですね。

まとめ

f:id:Hachi32TK:20180406203137j:plain

防草シートを敷いてから約1か月ほど経った庭ですが目立った雑草は今のところ生えてきていません。

砂利の下に敷くだけで手軽に雑草対策を行うことができるので庭の雑草に困っている人はぜひ試してみてはいかがでしょうか。