はちみつちゃん

エンタメ、役立ち情報、ネタ、日記等を配信中。

La-VIE腹筋ベルトをレビュー!一か月で4キロマイナス達成!

スポンサーリンク

La-VIE腹筋ベルトをレビュー!

La-VIE腹筋ベルト

この記事ではLa-VIEから販売されている腹筋ベルトについて紹介します。

気が付いたらお腹周りについてしまった脂肪。

ポッコリとしたお腹を簡単にへこますことができたらいいですが、かと言って腹筋を毎日やると疲れてしまうし腰が痛くなってしまうし。

そんな悩みを抱えるあなたにLa-VIEから販売されている腹筋ベルトをおすすめします。

実際に私が腹筋ベルトを一か月試した結果、約4キロのダイエットに成功しました。

腰に巻いてスイッチを入れるだけで簡単にお腹周りの脂肪を燃焼させるので無理なく続けることができます。

La-VIE腹筋ベルト

LA-VIE腹筋ベルト

お腹周りについた脂肪が気になりだし自宅でトレーニングをするため腹筋ローラーなどを購入しましたが、トレーニングをすると体が疲れてしまって長く続かないんですよね。

そこで少しでも簡単にダイエットができないかと思いLa-VIEから販売されている腹筋ベルトを購入しました。

Amazonで腹筋ベルトを検索すると7,000円以上の商品がズラッと検索一覧に表示されます。

しかしLa-VIEの腹筋ベルトは約4,500円と非常にコスパのよい商品でした。

腹筋ベルトを毎日続けるだけで今まで苦労したダイエットからサヨナラできます。

主な仕様

  • 商品サイズ:長さ1130×丈x高さ110mm。
  • 商品重量:240g。
  • シーズン : 通年
  • 電池付属 : あり
  • 発送重量 : 413 g

La-VIEはフィットネス用品を数多く取り揃えるオンラインショップです。

腹筋ベルトの他にもフィットネス用品やストレッチ器具、トレーニング器具など多種揃えています。

パッケージ

f:id:Hachi32TK:20180114220842j:plain

「俺、なんもしてねぇし」と強気なキャッチコピーが印象的なパッケージ。

f:id:Hachi32TK:20180114220957j:plain

パッケージの男性みたいな割れた腹筋を手に入れることができるか期待できますね。

付属品確認

f:id:Hachi32TK:20180114221213j:plain

パッケージを開封して中身を確認します。

中身は腹筋ベルト、コントローラー、取り扱い説明書、ジェルシート×4枚、専用バッグ、単四電池×2個。ジェルシートは消耗品らしく本体ベルトに張り付かなくなるなどした場合、追加で購入することができます。

セッティング

腹筋ベルトでのトレーニングを開始するにあたってまずはセッティングをしなければなりません。

簡単にですが紹介します。

ジェルシートを貼る

f:id:Hachi32TK:20180114221830j:plain

まずは腹筋ベルトのセッティングを完了させる必要があります。

腹筋ベルト本体に専用ジェルシートを貼り付けます。

ジェルシートは本体側と体側と表記されているので迷わず貼り付けることができると思います。

f:id:Hachi32TK:20180114222006j:plain

実際に貼り付けた画像がこちらです。

この四つのジェルシートから電流が流れて腹筋を刺激するんですね。

コントローラーに電池を入れる

f:id:Hachi32TK:20180114222140j:plain

コントローラーに付属の単四電池をセットします。

f:id:Hachi32TK:20180114222222j:plain

コントローラーの裏側にはスライドさせることで開閉する電池をはめる場所があります。

付属の電池では約一か月で寿命が来てしまうので予備に単四電池を購入しておくとストレスなく使用することができるでしょう。

腹筋ベルトとコントローラーを接合

f:id:Hachi32TK:20180114222441j:plain

電池をいれたコントローラーと腹筋ベルトを接合します。

腹筋ベルトからコードが出ているのでコントローラー側のコードと接合します。

装着してみた

f:id:Hachi32TK:20180114222803j:plain

実際に腹筋ベルトを装着してみました。

我ながらに少しポチャッとしているなと感じますが、果たして腹筋ベルトで腹筋を割ることできるか……結果をご覧ください。

一か月間使用した結果

ここからは実際に私が一か月間、La-VIEの腹筋ベルトを使用した感想とその他取り組んだことを紹介します。

お見苦しい体かも知れませんがお付き合いいただけると嬉しく思います。

Before

f:id:Hachi32TK:20180114223128j:plain

2017年12月14日時点での私の体です。

腹筋が割れている様子はあまり見られませんよね。

f:id:Hachi32TK:20180114223234j:plain

横から体を見ると少しお腹がでています。

f:id:Hachi32TK:20180114223318j:plain

体重は67.0Kg。

身長が168cmなので平均より少し重めですね。

腹筋ベルト+取り組むこと

f:id:Hachi32TK:20180114225141j:plain

腹筋ベルト+腕立て伏せ用のプッシュアップバーを使用したトレーニングを週に2回ほど行いました。

仕事の関係上毎日続けることが難しいので空いた時間を見つけてコツコツトレーニング。

食事制限なし

f:id:Hachi32TK:20180114225451j:plain

食事制限は特に考えずに一か月間過ごしました。

腹筋ベルトを使用するにあたり無理なく続けることが一番重要だと考えたため今回は糖質制限ダイエットなどの食事制限は無し。

糖質制限ダイエットを併用すればさらに高い効果が望めたかもしれませんね。

after

f:id:Hachi32TK:20180114230032j:plain

2018年1月14日時点での体です。

一か月前よりも腹筋が少し浮き出てきてガタイが良くなった気がします。

f:id:Hachi32TK:20180114230148j:plain

横から見た時のお腹のポッコリ感が無くなりました。

さらにプッシュアップバーの成果なのか胸まわりが大きくなった気がします。

f:id:Hachi32TK:20180114230305j:plain

67.0Kgあった体重が62.8Kgまで減りました。

4.2Kgの減量に成功、数値でも分かるようにダイエット効果が現れていますね。

比較してみる

f:id:Hachi32TK:20180114231539j:plain

こうして比較して見てみると一か月でお腹周りがシェイプアップできていますよね。

特にくびれがちゃんと分かるようになって嬉しいです。

体重も約4Kg減量できたので体が軽く感じます。

巻くだけで腹筋を鍛えることができる腹筋ベルトの効果は本物でしたね。

使用にあたって気を付けること

f:id:Hachi32TK:20180114231918j:plain

腹筋ベルトを巻いてスイッチを入れるだけで簡単に腹筋が手に入る腹筋ベルトですが使用にあたっての注意点がいくつかあります。

それらを紹介します。

乾燥した肌での使用は危険

f:id:Hachi32TK:20180114232609j:plain

乾燥した肌に腹筋ベルトを巻き使用すると時々ピリッと電流を感じて痛い時があります。

肌が乾燥した状態での使用は火傷など肌に影響を与える危険性があるので使用を控えた方がいいです。

乾燥肌での使用を避けるためお風呂上りの使用を控えるほか、使用前にボディクリームを塗るなどの方法で肌を保湿すると効果があります。

実際に私も腹筋ベルトを使用してピリッと電流を感じたことがありますが、使用前にボディクリームを塗るようにしてからは痛みを感じなくなりました。

長時間の使用は避ける

取り扱い説明書に書いてありますが一回当たり最大15分までの使用にとどめておきましょう。

あまり長時間腹筋ベルトを使用すると肌が被れるほかオーバーワークで腹筋が痛くなるなどの効果があります。

トレーニングは適正時間で行いましょう。

ジェルシートを保護する

f:id:Hachi32TK:20180114233516j:plain

腹筋ベルトに貼り付けるジェルシートは体に直接貼り付けるものです。

体に貼り付ける前に一度、体についた衣類のほこりなどを払い落とすとジェルシートは長持ちするでしょう。

使用後もジェルシートに保護フィルムをすぐに貼るようにすると長持ちします。

ジェルシートは買い替えが可能ですが、できれば買い足しが無いように慎重に扱いたいですね。

まとめ

f:id:Hachi32TK:20180114233853j:plain

La-VIEの腹筋ベルトを一か月間使用した感想と効果を紹介しました。

腹筋ベルトは胡散臭いものだと感じていましたが、実際に使用して効果を実感するとこんなに簡単に腹筋を鍛えることができていいのかなと感じました。

今後も継続して使用します。

お腹がポッコリしてきて腹筋をする必要があるけれど面倒くさくてやる気がでない。

そんな悩みを解決するLa-VIEの腹筋ベルト。

本当に買ってよかったと思える商品で、これがあれば夏の海も怖くないですね。

気になったあなたはぜひ一度お試しください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。