はちみつちゃん

エンタメ、役立ち情報、ネタ、日記等を配信中。

子供4人を産み落としコンクリ詰めして遺棄した事件についての感想

スポンサーリンク

我が子をコンクリート詰めにする事件

ポリバケツコンクリ

衝撃的なニュース

今朝、テレビのニュースを見ていると衝撃的な内容が報道されていました。人として親としての心を感じない残忍な事件。いたたまれない気分になります。命は誰にだって平等なはずなのになぜこんな事件が起きてしまったのか……

事件の内容をざっくり

大阪府寝屋川市の集合住宅で11/20、遺体が入ったコンクリート詰めのバケツが見つかりました。大阪府警寝屋川署捜査本部は21日未明、死体遺棄容疑で同市高柳のアルバイト、斉藤真由美容疑者(53)を逮捕した。

 

「産んだ子供を育てることができないので、バケツに入れてセメントを流し込んだ」

 

と容疑を認めているという。

 

斉藤容疑者宅からはコンクリート詰めのバケツが合計4個を発見され、警察捜査関係者によると斉藤容疑者はいずれのバケツにも自身が1992年から1997年に産んだ子供4人が入っているらしい。

 

4人の父親は同一人物らしく当時の交際相手との子供と供述しています。

 

現在斉藤容疑者はアルバイトをしながら生活保護を受給。

10代後半の息子と同居しており、さらにもう1人の子供がいる。

この2人も父親は同じという。

 

逮捕容疑は1992年から1997年ごろに死亡した乳児をポリバケツに入れコンクリート詰めにした状態で当時の自宅に放置。2015年夏頃、転居した現在の自宅に運び遺棄したとしている。

この事件に対する感想

現在53歳の斎藤容疑者ですが事件が起きた25年前、当時の年齢は28歳。アルバイトをしながら生活保護を受給している現状から見て事件当時も収入が少ない状態だったのではないかと思います。

 

1992年から1997年の5年間の間に子供を4人出産した後遺棄。無計画な出産が生んだ悲劇だと私は感じました。若気の至りなのか勢いで子供を出産しておきながら育てることもせずあげく大切な命を奪ってしまう今回の事件は本当に悲しい事件です。

 

現在10代後半の息子と別にもう一人子供がいる斎藤容疑者ですが子供の父親が全て同一人物であることも報道されています。この事件における加害者は斎藤容疑者だけではなく、当時から交際していた男性も私は逮捕されるべきだと思います。

 

警察がどこまで調査しているかは分かりませんが、父親の身元が明らかになった場合、斎藤容疑者同様に子供を遺棄した事実に関与している可能性が限りなく高いと思います。

 

無計画に子供を作ったあげく殺害して遺棄。こんな事件が25年前の日本で存在していることが恐ろしい。子供を育てることが困難場合は国の制度や身内を頼るなどむやみに命を無くしてはいけないですよね。