はちみつちゃん

はちみつちゃん

エンタメ、役立ち情報、ネタ、日記等を配信中。

欲望と幸せのバランスはインスタントコーヒーぐらいの幸せがちょうどいいと思う

人間はとても欲深い生き物である。あれがほしい、これがほしい、もっと欲しい、もっともっと欲しいなんて歌われ続けて早数十年。FMラジオから流れるこの曲を聞きながら最近の私が欲しいものを考えてみた。最近と言ってみたが本当のところずっと昔から欲しかったもの。お金なんて現金な答えは無しにしてもっと抽象的で自分以外がよく分からないものをあえて言葉で表現してみようかなんてキーボードを打ちながら考えている。

 

抽象的に言えば幸せになりたかった。幼少時代、青年時代、現在アラサー。最近、ようやく人生が楽しい、幸せと思えるようになってきた。生まれてから青年時代、つまるところ20代中盤までは物に困ることなんて無かった。というのも、生まれ育った地元を離れることをせず、自分が生まれた街を中心に世界が動いていたからだ。住む場所も食べるものも着るものも進学先も全て私を育ててくれた親がなんとなく手配をしてくれていた。

 

両親には非常に感謝している。といえば聞こえはいいと思うけれど、何をどう感謝しているか聞かれたら正直よく分からない。よく映画やドラマのワンシーンで両親と子供が喧嘩をして「産んでくれなんて頼んでない!」と子供が叫ぶシーンなどを見ることがある。というか昔見たドラマではそんな感じだった。そのドラマを見ていた当時は私も若くなんとなく共感することができる内容であった。しかしなんとなくの共感なので記憶も薄い。

 

逆を言えば「産んでくれ」なんて頼む方法は無いし両親が愛し合った結晶が子供なわけで子供は愛されている自覚を早くから気が付くべきだと思う。しかし両親が子供に対して愛情を注いでいるにも関わらず子供がなんらかの理由でこじらせている場合、これが厄介なのだ。

 

子供が愛されている実感がわかないまま成長をするとどうなるか。極端な例えをするならば世界から私は必要とされていない、なんて悲観的主人公な思想に陥ると思う。事実私も学生時代にそう感じていた時期もある。恥ずかしい歴史。それでもなんとなく今こうして生きているのもほんのわずかに誰かと共鳴できることを見つけて細い糸を手繰り寄せて繋がりあった結果なんだと思う。なんていえばカッコつけすぎだね。

 

早期人生リタイア計画をたくらむ若者が今の日本には少なからず存在すると思う。主にインターネット上を流れる負の感情に触れる時にそう感じてしまう。他人の人生だし私はとやかく言う権利も理由もない。ただ人生をリタイアする前に考えてみてほしいことがある。それは自分がどうなりたくて今の自分がどの状態なのかという事。

 

 

 

なんでもいい。好きな映画の続きが見たい、好きなアイドルのライブに行きたい、誰かの役に立ちたい、自分だけが得する方法でずる賢く生きていたい。本当になんでもいい。僅かに芽生える感情を大切にして、表立たせて少しずつ実行できればそれでいい。そのほんの少しの一歩を繰り返すときっと冒頭で書いたあの曲、あれがほしい、これがほしい、もっと欲しい、もっともっと欲しいに繋がると思う。それが人間には欲望が必要だと思う理由。

 

欲望を持てばどうなるか。欲しいものを手に入れるためになんらかの行動を移す人が大半だと思う。行動を起こせば何が変わるか。人生がほんの少し変わる。そのほんの少しの積み上げでいつの日か大きく人生が変わる。そうポジティブに信じて生きていけばきっと人は自分基準の欲しいもの、幸せを手に入れることが出来る気がする。

 

今の時代は他人の生活が見えすぎることから並みの幸せを手に入れたぐらいでは満足できない人が増えていると思う。インスタグラムに写真を投稿してイイネをたくさん集めて何になるの。食べきれないサイズのアイスの写真を投稿した後、捨てられるアイスの気持ち。人間の本質的な部分を完全に忘れてしまっていて脳ミソの機械化が進んでいる感覚さえ感じ取れてしまいます。

 

別にそのことを否定しない。けれども自身の行動を一度振り返ってほしい。現状に満足できないフラストレーションも誰かが悲しむ方向に進めてしまわないように。欲望の赴くまま進んだ先にある幸せは本当の幸せかどうか。背伸びしない程度の欲望こそ本当の幸せへの近道なんじゃないのかな。なんて。

 

f:id:Hachi32TK:20171114223305j:plain

 

インスタントコーヒーぐらいの幸せ。ほんの少しだけ行動を起こせば手に入る幸せを例えてみた言葉。この言葉を思いついた時、なんとなく人間の欲望と幸せについて考えてみようなんて思いこの記事を書いてみた。書いてみたなんて言っているけれどバーッと思いつく言葉をブラインドタッチでざっくり書いてみたもの。この瞬間が自分の中で記憶とか感情を整理できるいい時間だと最近感じています。

 

ブログでPVを集めて収益化して生活を楽にしよう、なんて考えていた時期もあったけれど、そもそも今目の前にある自分自身の欲望や幸せを見落としがちになっていました。自分への戒めと自分と似た誰かにこの記事が響いてくれれば嬉しく思います。幸せはいつだって手の届く範囲にあること。この気持ちを忘れたくない。

 

2017.11.14 Hachi32