はちみつちゃん

エンタメ、役立ち情報、ネタ、日記等を配信中。

大人になっても子供のように物事を楽しめる人が羨ましい

スポンサーリンク

子供の心を忘れた

f:id:Hachi32TK:20170809194817j:plain

 

こんにちは、はちみつ(@Hachi32TK)です。

今回はちょっとした小言。 

 

暑い日が続いていますね。

体調を崩さないようにしっかりと体調管理を行って元気に過ごしましょう。 

夏と言えばレジャーの季節ということもあり海や川に行くことも多いはず。

私も海水浴やBBQなど今年の夏もそこそこ楽しんでいます。

 

そんな中Twitterを見ていると新作のゲームをプレイしている人が多い。

今の時期だとスプラトゥーン2やドラクエ11ですね。

Twitterを見ている限り休日もゲーム三昧の人が多い印象。

ゲームに熱中できることが羨ましく感じます。

 

何時の頃からでしょうか。

新作のゲームが発売されてもワクワクしなくなってしまったのは。

確かにゲームをプレイしているときは楽しいです。

しかしゲームが終わった時、時間を無駄にしたと思うようになってしまいました。

 

それはきっとゲームを通して何を得られるのか考えるようになってしまったから。

クリアした時の達成感や爽快感は癖になりやすい。

それと同時に来る「あっ、1時間もゲームしてた」的な感覚。

 

楽しいことに見返りを求めるようになってしまったら心の底から楽しめていない証。

私は純粋に物事を楽しむ子供心を失ってしまいました。

だからこそ大人になってもゲームに熱中できる人が羨ましく思います。

 

楽しむ心は生きる上で必要不可欠。

何事も素直に楽しく生きたい。

そう思っていても見返りを求めてしまう。

子供の頃に感じていたツマラナイ大人に私もなっているのか。

 

ゲームの件と似たような最近の体験。

私は歌うことが好きで20代前半の頃は週に2回程カラオケに通っていました。

当時は新しい音楽を聴いてカラオケで歌うことがずっと楽しいと思っていた。

30代、40代になっても楽しく歌い続けるつもりでいました。

 

そんな風に思っていた私は最近、カラオケに行く機会がありました。

始めの内は楽しく歌えていたのですが1時間ほどするともういいかなと感じた。

20代前半の頃は一人で3時間ぐらいなら余裕で歌えていたのですが今じゃ1時間で限界。

これが大人になるということなのか物事を楽しむ体力が落ちてきたのか。

 

永遠なんてもの どうだっていい事

世界中でたった一つの一瞬の夢を見れりゃいい

175R / PICASSO

 

その瞬間毎の最高を突き詰めていけばきっと人生は楽しくなる。

この歌をカラオケで歌った時。

「過去の自分に縛られていたんだ俺」

そんな事を思いました。

 

20代前半の若い自分はもういない。

アラサーになった今だからこそ楽しめることもある。

そうやって一つ一つ階段を上っていくのかな人生って。

 

あなたはまだ子供心を持っていますか。

何かに夢中になっていますか。

少しだけ大人になった今だからこそ、いつまでも子供でいたい。

そんな風に思いませんか。