はちみつちゃん

はちみつちゃん

愛知県在住の可愛いものが好きなアラサーの男子ブログ。観光の感想、役立つ情報、ネタ、日記等を更新中。

笑える実写映画!銀魂を見た感想を紹介【ゆるくネタバレ】

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170715021123j:plain

 

2017年7月14日。

銀魂ファン待望の実写版銀魂が映画館にて公開されました。

一言で感想を言うとするとこの映画。

 

見た方がいいです!

 

ギャグパートとシリアスパートの配分が完璧。

キャストの努力が見られる演技シーンやアクションシーンも見ごたえあり。

銀魂を知らない人でも大丈夫。

映画序盤でキャラクターの説明があるため初見の人も楽しめる出来となっています。

 

この記事では実写映画、銀魂を見た感想を紹介します。

興味が湧いた方はぜひ劇場に足を運んでみてください。

物語のオチなどのネタバレは控えますが細かい描写等について紹介をします。

【スポンサーリンク】

 

キャスト

キャストについては全体的に悪い感想はありません。

映画を見て私が気に入ったキャラクターの紹介をします。

 

f:id:Hachi32TK:20170715000851j:plain

☆坂田銀時(小栗旬) 

この映画の主人公、坂田銀時役は 小栗旬が担当。

小栗旬のイメージを覆す配役に公開前は疑問を持ちました。

しかしこの映画を見て小栗旬の高い演技力に感動。

 

シリアスシーンは過去の演技を見ていても問題ないと思っていました。

ギャグパートの気だるそうな銀さんも見事に演じています。

歌舞伎町を歩くシーンでは鼻の奥まで指を突っ込み鼻ホジを披露。

ボケもツッコミも完璧にこなしており劇場の笑いを誘っていました。

実際、私が見ていた会場でも笑い声が起こる場面が多かったです。

花より団子の花沢類をパロディー化したシーンは思わずニヤニヤしてしまいました。

 

f:id:Hachi32TK:20170715002450j:plain

☆神楽(橋本環奈) 

超おてんば破天荒娘神楽を演じたのは千年に一人の逸材として有名な橋本環奈。

過去の作品ではセーラー服と機関銃や暗殺教室などに出演しています。

 

神楽は戦闘中でもギャグをとばすキャラなのでどのように演じるか期待していました。 

映画を見て橋本環奈はギャグ映画いけるね、と素直に思いました。

変顔、鼻ホジ、ゲ〇吐き等の銀魂に欠かせないギャグを体を張って挑戦。

橋本環奈ファンにとってはたまらない出来になってます。 

奇跡のポージングを劇中でも披露していて面白かったです。

 

一つ気になる点はアクションシーンが少しノッペリしていた点。

バク転、バク中などを劇中で披露するのですがワイヤー感が否めない。

ただ神楽というキャラクターが無茶苦茶なのでしょうがないのかな。

橋本環奈が神楽を演じているからこそ叩かれないのかなと思いました。

他の人が神楽を演じている姿が想像できないほどピッタリのキャストです。

 

 

f:id:Hachi32TK:20170715003652j:plain

☆志村妙 (長澤まさみ)

新八の姉、妙を演じるのは長澤まさみ。

おしとやかな一面と裏腹にキレると手が付けられないキャラクターの妙。

劇中では銀時との絡みが多く、映画がラストパートへと移る際の演技は必見。

また真選組の近藤勲に対して本気でキレるシーンは爆笑。

長澤まさみの本気でキレる演技はぜひ劇場で見てほしいです。

 

f:id:Hachi32TK:20170715004254j:plain

☆平賀源外(ムロツヨシ) 

勇者ヨシヒコシリーズでもお馴染みムロツヨシ。

映画終盤のギャグパートで登場し会場を笑いの渦に巻き込んでいました。

 

f:id:Hachi32TK:20170715005135j:plain

特に笑えたパートは赤い彗星でお馴染みのあの人との絡み。

パロディが多すぎて各方面で怒られるじゃないかと心配です。

 

f:id:Hachi32TK:20170715005806j:plain

そしてこれが大問題になるであろう風の谷の人との絡みもあります。

銀時が「えぇーこれ大丈夫か!本気でヤバいやつじゃん!」とツッコミ。

劇場は笑いに包まれました。

ストーリー 

f:id:Hachi32TK:20170715005829j:plain

映画が始まって銀魂の世界観について説明があります。

宇宙からやってきた天人(あまんと)の台頭と廃刀令により侍は衰退の一途をたどっていた。

かつて攘夷志士として天人と戦った銀時も刀を木刀に持ち替えて生活をおくる日々。

銀魂はそんな銀時の日々を描く作品です。

 

映画ではカブトムシを取りに行くパートと本編があります。

カブトムシを取りに行くパートではキャストが体を張っていて笑えます。

f:id:Hachi32TK:20170715010744j:plain

特に近藤勲を演じた中村勘九郎には拍手をおくりたいです。

映画が始まってすぐのギャグシーンでグッと引き込まれます。

あそこまで体を張るとは…凄いな。

 

本編は紅桜編をベースに話が展開されていきます。

劇場版銀魂 新訳紅桜編 を見ていた私はラストシーンの殺陣があるのかと期待しました。

※このシーンです。

結果を言うと殺陣のシーンはありません。

しかしまた別の形でラストシーンが描かれていました。

まさか銀時とあの人が殴り合うなんて…

そのシーンは少し疑問を感じつつ、熱い展開だったので楽しく見ることができました。

グッズ

f:id:Hachi32TK:20170715015758j:plain

劇場のグッズ販売ブースでは銀魂グッズが販売されていました。

その一部を紹介します。

 

f:id:Hachi32TK:20170715015811j:plain

エリザベスのぬいぐるみマスコット。

何考えているか分からない表情がキュートですね。  

 

f:id:Hachi32TK:20170715015822j:plain

マヨネーズペン。

土方十四郎のマストアイテム、マヨネーズがペンになりました。 

 

f:id:Hachi32TK:20170715015833j:plain

名場面ポスターカード。

興奮のシーンがポストカードに。

綺麗なポストカードだったので見ていて楽しいです。 

 

f:id:Hachi32TK:20170715015844j:plain

コミック本メモ。

銀さんが表紙のメモ帳です。 

主題歌

UVERworld DECIDED

 

銀魂を見てきた感想を紹介しました。

実写映画化のハードルは軽々超える作品になっています。

笑えて熱くなるこの夏いちおしの映画。

ぜひ劇場で楽しんでくださいね。