はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



中音から高音をスムーズに歌うためのコツを考えてみた

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170515223057p:plain

あなたは歌うことは好きですか?

歌が上手に歌えるようになるとカラオケが楽しく感じたり、合コンで異性からモテたり。

歌が上手な人って素敵だと思いますよね。

私も歌うことは好きですが、高音の発声をすると苦しくなってしまいがちです。

どうしたらスムーズな高音を発声できるか考えてみました。

歌が上手になるために必要な事は何よりも練習。

低音の発声練習の時のように、今回も動画を作成しました。

※低音の発声についてはこちらから。

【スポンサーリンク】

中音~高音のボイトレ音源

こちらが作成した動画です。

YAMAHA音楽教室のCMでお馴染みのメロディにて作成。

ドレミファソ~ラファミレド♪

ピアノのメロディが段々と高くなるように作成しました。

半音ずつ上がっていき最終的には1オクターブ上の発声練習ができます。

大きい声がだせない環境ではリップロールでの練習をしましょう。

リップロールについてはこちらの記事に簡単に紹介してあります。

低音でAメロBメロを歌い、サビは一気に高音で歌う。

今回のボイトレで全ての音を発声をできるようになるとレミオロメンの粉雪が歌えるようになります。

低音の動画で喉をウォーミングアップを行った後、高音の練習を行いましょう。

BPMは120で作成。

高音を発生するコツ

立った状態での姿勢

f:id:Hachi32TK:20170515222120p:plain

立った状態で歌う時。

画像の左のような状態での正しい発声はできません。

理想は画像の右のように背筋を伸ばして遠くを見て歌う姿勢。

しかしずっと同じ姿勢で歌うことは難しいと思います。

姿勢はある程度崩してこそ、表現の幅が広がると私は思います。

そこで少しだけ意識してほしいことはつま先立ちで歌うことです。 

下半身に力を入れて歌うことによって喉の力みが取れ、スムーズな高音の発声が期待できます。

呼吸はお腹を膨らませる

f:id:Hachi32TK:20170515223210p:plain

腹式呼吸というものご存知でしょうか。

簡単に言ってしまえば…

呼吸をするときにお腹を意識して膨らませて、膨らませた空気をポンプのように送り出し発声をする。

背筋を伸ばした状態で気持ち前かがみの状態で呼吸をするとコツがつかめるのではないでしょうか。

フクロウ発声法

f:id:Hachi32TK:20170515223535p:plain

この方法は私が実際にしていた秘密の練習方法。

そして文章にすると少し恥ずかしい。

やり方は簡単。

ふくろうの鳴き声を真似してどんどん音を高くしていくのだ。

こんな感じで練習をしています。

ホーホーホーホー♪

 

ホーホーホーホー♪

 

ホーホーホーホー♪ 

 

ホーホーホーホー♪

 

ホーホーホーホー♪

 

ホーホーホーホー♪

 

ふざけてしまいました。

車内での移動中にふくろうの真似をすると自然と高音が発声しやすくなりました。

メカニズムまでは分かりませんが、一つの体験談として参考にしてください。

腹式呼吸の練習になってると思います。

最後に

高音をスムーズに発声する方法を考えてみました。

歌いたい曲の音が高すぎて悔しい思いをする人は多いと思います。

その気持ちを忘れず、スムーズな高音発声のために練習しましょう。

高音は練習すればするほど結果がでやすいです。

高音が上達したい人は空いた時間を見つけて取り組んでみてはいかがでしょうか。

※ボーカルの体力づくりについて書きました。

※グルーブを感じる歌声についても書きました。

 ◣低音・高音の使い分けが楽しい◢

Thank you for reading.

next also regards.