はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



TRICERATOPSが俺にとっての最高のロックスターなんだ!

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170520012957p:plain

あなたは音楽好きですか?

私はとても音楽が好きです。

気分が沈んだ時、憂鬱な時、頭の中でガンガン好きな曲を鳴らして乗り越えています。

私は…いや今回の記事の一人称は「俺」にさせてもらいます。

いやまて、敬語も辞めてしまおう。

音楽を楽しむために難しい言葉なんていらない、感じろぉぉぉ!

堅苦しい雰囲気とか全部取っ払って俺が愛するバンドTRICERATOPSを紹介するぜ!

みんな準備はできてるかぁ?

【スポンサーリンク】

 

TRICERATOPS

f:id:Hachi32TK:20170418194415j:plain

※画像左より

林幸治(Bass & Backing Vocal) 1976.07.24

和田唱(Vocal & Guitar) 1975.12.01

吉田佳史 (Drums & Backing Vocal) 1970.11.14

1995年ボーカル和田とベース林が友人の紹介を経て出会い曲作りを開始。

翌年、知人を介してドラム吉田とセッションを行い意気投合、TRICERATOPSが結成される。

1997年にシングル「Raspberry」にてメジャーデビュー!

その後も様々な楽曲を製作し精力的にライブ活動を行う。

2017年にはデビュー20周年を迎えた。

音楽の方向性として「ロックで踊る」をテーマに掲げ、元祖ダンスロックバンドとして4つ打ちミュージックをメジャーにした第一人者。

同期のバンドとして「GRAPEVINEは戦友的存在」と語っており親交も深い。

ちなみに読者100人企画HachiRockFesにも選ばせてもらいました!

本当にライブがカッコいいバンドだから知らない人にはぜひ知ってほしい!

Raspberry Live ver

ライトがきらめき ビート感じれば 温度が上ってく
他の誰かじゃもう意味さえないのさ 君を愛してる

詞:和田唱

記念すべきメジャーデビューシングル!

ライブハウスがダンスフロアへと変わる至高のダンスロック!

TRICERATOPSの代表曲、名刺代わりの一曲としてバンドを引っ張ってきたナンバー。

イントロのリフとサビのキャッチーなフレーズが一度聞くと耳から離れない。

ライブでのギターソロは超COOL!

通算10回ほどライブに行ってきたけど、この曲が流れるとフロア全員が踊りだす絶対的エース。

TRICERATOPSを知りたければまずこの曲を聞くべし!

ROCK MUSIC  Live ver

この世は僕が何者か 捜し当てるための旅さ
だから今んとこ決めてある 僕はやめないってね

詞:和田唱

この曲をライブで聞けたら最高にハッピーな気分でぶち上る!

動画を見てほしい!

約1分30秒辺りまでTRICERATOPSとファンとのcall and response!

セイイエェェェオォォォ!がここまで最高にカッコよく決まる人いる?

会場にいると信じられないぐらいの声量で俺は叫ぶぜ!

ライブハウスの温度を一気に上昇させてからロックなリフで楽曲がスタート。

4つ打ちのダンスロック感が心地良くて緩いダンスを踊りまくる歌部分。

そしてこの曲はライブで最高にCOOLな演出をしてくれる。

動画3分40秒辺りから始まるベースVSドラムの熱いバトル!

会場にいる全員が「FOOOOOOOOOOOO!!!」と叫んじゃうぐらいの迫力!!

さっきまで大人しそうにしていた眼鏡の女の子だってこの曲を聞いて、叫んでるぐらい!

ベースとドラムのバトルが終わると次はギタリスト和田唱のロックンロールショーが始まる。

ギターソロ、会場で聞くと最高にあがるんだよなぁ! 

そして楽曲はラストのサビが終わり、曲が終わるのか…と油断していると。

※動画6分40秒辺り

あぁぁ!ビートルズだぁぁぁ!!!

f:id:Hachi32TK:20170418212946j:plain

Day Tripperのリフが聞こえてきた瞬間、とにかくテンションがあがる。

こんなに自然に繋げちゃう?めっちゃロックやん!

そんなノリノリ気分で過ごしていると次はローリングストーンズ!!!

Satisfactionのご機嫌なノリで会場は最高に盛り上がりを見せる。

この洋楽メドレーは最高に上がるーー!!!

ストーンズの次はクリームのCrossroads!

とにかくギターソローが超カッコいい!!!

なんて感動しているとジミヘンだぁぁぁあぁ!!!

f:id:Hachi32TK:20170418213029j:plain

カッコよすぎて言葉なんかいらない!本当に感じてほしいわ。

ジミヘンで最高にテンションが上がって洋楽メドレー終わったのかなぁ…

なんて思ってたら…

エアロスミスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Walk This Wayェェェェェェェェ!!!

f:id:Hachi32TK:20170418213059j:plain

カッコよすぎて死んだ、このメドレーだけで3回死んでる。

そしてクイーンのBohemian RhapsodyをCOOLに演奏!

やっぱ唱さんのギターがカッコよすぎてダメなんですよ。

本当に俺のロックスター!

最後は原曲、ROCK MUSICに戻りフィニッシュ!

この文書を書きながら何回FOOOOO!!!と叫んだことか。

15分ぐらいの動画ですが、時間あるときにぜひ見てくれ!

音楽好きな人は絶対みるべき。最高にロックだから!

そしてもう一つ見てほしい動画がある!

こいつだ!

ベース林とドラム吉田が繰り出すグルーヴィーサウンド。

ライブに行くと中盤辺りで毎回見ることができるぜ。

TRICERATOPSの魅力はやはりライブだ。

こういった遊び心で音楽を楽しませてくれる。

楽曲の演奏もさることながら、バトルなどで会場をわかせる辺り相当な演奏スキル。

俺が書く文章なんかじゃ伝わらない。

とにかく本当にカッコいい。

LOONY'S ANTHEM

自分らしくいるほど孤独な日もあるんだよ
でも僕はここにいるよそんな証に思えるのさ

詞:和田唱

イカしたリフから心地良いダンスロックサウンド。

デジタルサンドを楽曲に織り交ぜた2008年の楽曲。

生きていること、今を楽しむことに人種なんて関係ない。

ロクデナシであろうが楽しんだもん勝ち。

TRICERATOPSの歌詞はラブソングや夢についてのこと、将来のことを描かれることが多い。

しかしこのLOONY'S ANTHEMはTRICERATOPSの新しい一面を感じたロクデナシ賛歌。

適当に生きて最後に笑えればいい。

そんなメッセージがフラフラと生きる俺の心にドンピシャだ。

ライブでのこの曲はモンスター。 

会場が汗臭くなる一曲。 

最後に

f:id:Hachi32TK:20170418220125j:plain

大好きなバンド、TRICERATOPSを紹介。

TRICERATOPSの魅力はこんなものじゃない。

バラードを書かせてもよし、アコースティックサウンドでもよし、他のバンドへの楽曲提供、他のアーティストとのコラボなど。

本当にカッコよくてロックで素敵なバンド。

身の回りにTRICERATOPSを語れる人がいなくて俺は寂しい。

もっともっと有名になってほしいです。

結成20周年を迎える2017年。

節目を迎えたTRICERATOPSから目が離せない。

TRICERATOPS聞いた後はスカパラで最高にテンションあげよう!

www.hachi32.com

◣LOVE IS LIVE◢

Thank you for reading. 

next also regards.