はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



vivid undressのボーカルとももクロの有安杏果が似ている気がする

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170523202310p:plain

あなたは音楽を聴くうえで何を重視していますか。

私は音楽を聴くうえ歌声を重要しています。

楽曲全体の雰囲気と歌声がマッチしているか。

vivid undress(読み方ヴィヴィッドアンドレス。以下ビビアンと表記)というバンドを好きになって数年、ビビアンの音楽性が変化していて嬉しく感じています。

そんな発展途上中のバンド、ビビアンの楽曲を紹介します。

【スポンサーリンク】

 

vivid undress

f:id:Hachi32TK:20170416163741j:plain

vo:kiila
gt:yu-ya
ba:syunn
key:rio
dr:ウツミエリ

聴く者の心を掴んで離さないkiilaの求心力に満ちた豊かな歌声、 高い技術を以てソリッドに鳴らされるプレイヤーの演奏、 ど真ん中を打ち抜くメロディーと一筋縄ではいかないアレンジで巧みに構成される、 変幻自在かつアーバンでPOPな輝きを放つ楽曲群。

ROCKシーンのみならず、J-POPシーンをも呑み込む高いポテンシャルを持って突如現れた革命児、 それがvivid undressだ。

洗練された5つの色とりどりの才能がいま、奇跡の化学反応を起こす。

※公式サイトより引用

公式サイトはこちらから。

vividundress.com

ウララ

満ちてく海に流されてく
砂の城を見ながら思った
女は夜を重ねるたび
崩れるように年を重ね
並みに流されるように生きて
大事に綺麗に作られた過去は
消えるように忘れられてく
それが女の生き様なの
詞:kiila

2017年3月31日にYoutubeに公開された楽曲「ウララ」を聞いて驚いた。

それまで私がビビアンに抱いていた感想をいい意味で覆された。

若い世代に人気が出そうな一種の変わり種系バンドという認識だったが、「ウララ」を聞いて正統派の音楽で勝負をするという意志を感じた。

春風を感じる爽快さ、別れの季節を感じる切なさ、サビでの力強いボーカル。

2016年7月、ビビアンが当時所属していた事務所から突然の閉店宣言を伝えられた。

そんな状況に陥っても早く音源を届けたいという気持ちで動き出したメンバーたち。

所属レーベルが無いのであれば自ら作り出し、険しい道のりを経て作り出した一曲。

今まで当たり前に音源をリリースできていたことに感謝をし、これからのミュージックシーンを戦い続けることを誓うメンバー。

ビビアンの音楽はまだ始まったばかり。

はやるよろひや

2015年の楽曲。

バーチャル感溢れるイントロ。

ソリッドなサウンドとねちっこい歌からのバァン!

当時は聞いた瞬間にこの人たちは間違いなく有名なバンドになると思っていました。

ライブ感を意識しているだけのバンドと違い、展開の読めない楽曲と高い演奏スキルを評価しています。

2回目のサビが終わったあと静寂感からのギターソロ。超クール。

ボーカルkiilaのシャウトも聞いていて高鳴るものがある。

生きて生きて

赤い青い白い見たい未来

狭い怖い世界嫌い嫌い

歌い私いない居ない射ない以内

眠い遅い深いすごいほしい

甘い匂い淡い期待危殆

歌い舞い踊り

ゆらりゆらりゆらり

詞:kiila

もうね…この曲最高にCool。

イントロを聞いた段階でこの曲の展開が分かる人はマジモノの天才だと思う。

初めて聞いた時の感想は、なぜのこのバンドが有名じゃないんだ!?っていう現実への疑問だった。

ベースが動きまくってカッコいい曲だな…

そんな感想抱いていたら途中でビート感が大幅に変わるし、ラップ的歌唱のフロウ感が最高にイケてるし、ギターとベースのバトルが意味が分からないぐらいカッコいい。

そしてラスト大サビの盛り上がりから急に鳴りやむフィニッシュがまた何とも言えない。

「はやるよろひや」

「生きて生きて」etc…収録アルバム

 シーラカンスダンス

深海でダラッダー 憂鬱のパレード 先頭は誰?

退屈を狙って迫り来る 雨後晴に敬礼 約束を破ってずるい人だね

戦争は駄目 なんまいだー唱えて破れかぶれで神様なのね

詞:kiila

ギターのソリッド感とベースのスラップ感が最高に心地いい楽曲。

淡々と刻んでいるようで小技が多いドラムにも感動。

右耳で聞こえるシンセの音が絶妙な雰囲気を演出している。

2回目のサビ終わりからラストサビへと盛り上がりを見せる助走感が上手に作られている。

サビのメロディが日常生活で苦しい時とか戦わなきゃいけない時に脳内iPodでヘビーローテーションしてしまうぐらいキャッチー。

それなのにポップ感よりもロック感が強くて素直にカッコいいとしか言えない。

ラスト大サビの卍解感というか、ため込んでいた力を全てぶつける爆発感というか、音の厚みがよりまして最高の盛り上がりを感じる。

「シーラカンスダンス」etc…収録アルバム

ももクロの有安杏果と似ている気がするんだ

バンドのサウンドもさることながらボーカルkiilaちゃんがかわいいんだな。

どことなくももクロの小さな巨人、有安杏果に似ている気がする。

f:id:Hachi32TK:20170416175248j:plain

f:id:Hachi32TK:20170416175520j:plain

Twitterはこちらからフォローできます。

kiila+°🌸。*+*。 (@kiila_vivi) | Twitter

f:id:Hachi32TK:20170416175820j:plain

ギターとkiilaちゃんのアンバランス感がたまらない。

f:id:Hachi32TK:20170416180035j:plain

ちなみにももクロ有安杏果。

雰囲気が似ている気がする。

f:id:Hachi32TK:20170416180204j:plain

小さくてギター持っているから似ているのかな。

二人ともかわいい♪

二人とも絶妙なカエル感があるからかな...

最後に

vivid undressの楽曲を紹介。

ビビアンの楽曲はどれもいい感じですね。

邦楽ロックバンドはどのバンドも「似ている部分」があると感じることが多いですが、ビビアンはオリジナル感が強いバンドの為、応援したくなります。

自主レーベルを立ち上げ、ますます今後の活動が気になります。

vivid undressの今後の活動に期待を込めて。

※vivid undressが好きな人はスノーマンもおススメ!

◣人間なんだもんって曲が名曲◢

Thank you for reading. 

next also regards.