はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



ハンバートハンバートのフォークな響きを聞いた感想

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170523204332p:plain

あなたはハンバートハンバートというフォークデュオを知っていますか。

私は最近知って、物凄くその音楽に癒されています。

年上の知り合いが言っていた音に疲れるという感覚が少しだけ分かるようになりました。

優しい雰囲気と心を考えさせられる歌詞に強張った体の力が抜ける感覚を味わえます。

この記事ではフォークデュオ、ハンバートハンバートの魅力を紹介します。

【スポンサーリンク】

 

ハンバートハンバート

f:id:Hachi32TK:20170411203444j:plain

※画像左から佐藤・佐野

佐藤 良成 1978年 神奈川県出身
ボーカル/ギター/フィドル(バイオリン)他

佐野 遊穂 1976年 東京都出身
ボーカル/ハーモニカ 他

 

二人の優しい歌声とフォーク感を感じるサウンド。

いい意味でスキマが多い楽曲と心に寄りかかるような温かい歌詞が特徴的。

ロックやパンク、テクノ、メタル…

音楽の種類は数知れず存在するが、フォークソングが心地良いこと再認識させてくれるグループ。

激しい音楽が好きな人程ぜひ聞いてほしい。

フォークというジャンルの入り口にピッタリだと感じた。 

公式サイトはこちらから。

ハンバート ハンバート オフィシャルウェブサイト

横顔しか知らない

そんなことで悩んでる間に

夜はどんどん遅くなってて

気が付いたらもうこんな時間

とうとう電話できなかった

詞:佐藤 良成

アコギとハーモニカの温もり溢れるサウンドから楽曲が始まる。

ボーカルの佐野の語り掛けるような優しい歌声。

歌声とアコギだけで心地良いフィーリングを演出する。

サビでは佐藤の低音コーラスが楽曲に厚みを与えるだけでなく、楽曲の世界観を花を添えるようにさらに温かいサウンドへと導く。

シンプルだからこそ伝わることはこの世の中には多い。

それは音楽にも言えることだと思う。

意中の相手に会おうと葛藤する主人公の描写を描いた歌詞に誰しも共感する部分があるはず。

今日も僕は用もないのに

我慢できずに家を訪ねた

ベルを押そうとしたところで

いまさら怖くなってきた

いやな顔をされるだろうか

扉を開けてくれるだろうか

もしかしたら嫌われるかも

それともすでにいやなのかも

詞:佐藤 良成

この甘酸っぱくも苦い歌詞。

幼馴染への片思い。近所のあの人への思い。友達だと思っていたあの子への気持ち。

「もしかしたら嫌わているのかな」とネガティブになってしまう心。

奥手で弱気な人が恋愛をした時に感じる葛藤。

苦しくて辛い感情を優しい歌声で浄化するかのように歌いあげる。

日常で感じたストレスもこの歌声の前では穏やかな感情へと変わる。

【スポンサーリンク】

N.O.

話すコトバはとってもポジティブ 思う脳ミソホントはネガティブ
バカなヤングはとってもアクティブ それを横目で舌ウチひとつ

詞:石野卓球 

音楽好きなら聞いたことがあるであろう「電気グルーヴ」の「N.O.」をハンバートハンバートがカバー。

※ちなみに原曲はこちら 

原曲のシンセ全開のアップテンポなナンバーをアコギでしっとりと歌い上げる。

個人的には原曲の騒がしい感じよりもアコギカバーの方が落ち着いて聞けるため好み。

サビの部分のコーラスがまさにフォークソング。

引用した歌詞の部分でアコギのリズムが変化する。

単調なリズムに刺激を与える感じがグッド。

会社や学校をずる休みして街へ出かける時に聞きたい。

同じ話

それから 君はぼくを見つめ
それから 泣きながらわらった

さようなら ゆうべ夢を見たよ
さようなら いつもおなじ話

詞:佐藤 良成

夕日が沈むような寂しさと家に帰る安心感を感じるイントロ。

アコギとハーモニカの温かい響き。 

佐藤と佐野の掛け合いを聞いて柔らかい気持ちが芽生える。

目の見えない男の子に寄り添っていた女の子が亡くなってしまったことが歌われる曲。

大切な存在を失ってしまった人が取り戻せない記憶を思い出す歌詞。

悲しくて切ないこの曲を二人の優しい歌声が歌うことでスッと身に染みる。

本当は悲しい曲のはずなのに優しい歌にさえ聞こえる。

ハンバートハンバートの魅力が詰まった一曲となっている。

「横顔しか知らない」

「N.O.」

「同じ話」etc...収録アルバム

最後に

ハンバートハンバートの優しさ溢れる楽曲を紹介しました。

ファンクやロックを好んで聞く人にこそぜひ聞いてほしい。

音楽を通して伝えたいことはサウンドがシンプルなほど伝わる。

アコギと歌とハーモニカ。

柔らかい毛布にくるまれるような温かい気持ちに気が付くことができるはず。

今後もハンバートハンバートの活動から目が離せない。

※アコースティックサウンドが魅力的なNakamuraEmiもおススメです。

◣フォークソングはしみじみできてよいです◢

Thank you for reading. 

next also regards.