はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



第1回HachiRockFes開催!【読者100人達成感謝企画!】

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170408231804j:plain

2017年2月22日より開始した当ブログはちみつChan。

2017年4月8日にて読者100人という一つの区切りを迎えることができました。

 

最近は音楽の事を中心に書いています。

開始当初は自身が体験したしょうもない出来事や詳しくない分野の豆知識。

20代後半の未熟者が語る人生論など。

迷走に迷走を重ねた内容の記事を書いていました。

現在ではそれらの記事は削除しました。

 

運営当初の迷走期からこのブログを知ってくださる人。

音楽の事を中心に書き始めた時期からこのブログを知った人。

すべての人に感謝しております。

TwitterやFacebook、はてブ等、記事の拡散等をしてくださる方、いつもありがとうございます。

 

そんな読者の方に恩返し的な事+自分がやりたい事を考えた結果。

音楽をツールに何かできないかなと考えていました。

インターネット上に転がる音楽でFesを開催したい。

その気持ちがあった為、インターネットという仮想現実での音楽体験をテーマに私が考えるFesを開催。

 

会場はこの記事を見ているディスプレイ上。

時間はいつだってかまわない。

大音量で聞けるヘッドフォン、イヤフォン、スピーカー等でテンションブチあげで楽しみましょう。

f:id:Hachi32TK:20170408232019j:plain

※8グループを選出。1グループにつき5曲を選曲。資金は無限。会場は晴れた野外の草原をイメージ。

 筆者が見たいフェスを勝手に作ります!

星野源

f:id:Hachi32TK:20170408233644j:plain

SUN

Week End

 

時よ

化物

第一回HachiRockFes記念すべきオープニング担当は星野源。

ブラックミュージックを感じさせる楽曲やポップな楽曲等幅広いジャンルの音楽を昇華させた星野源。

音楽好きから音楽に詳しくない人でも楽しめるポップ感を高く評価。

楽曲の雰囲気同様、会場を柔らかな空気に包み込み音を楽しませる。

最後の曲、恋では会場全体での恋ダンスが巻き起こる事間違いなし。

ORANGERANGE

f:id:Hachi32TK:20170408233738j:plain

イケナイ太陽

TWISTER

※動画約45秒から楽曲スタート。 

Insane

以心電信

キズナ

2番手は沖縄出身のロックバンドORANGERANGE。

楽曲の幅広さもさることながら、ライブでの熱い演奏はオーディエンスの心を掴む。

以前参加した夏フェスでORANGERANGEを見たことがあるが、熱く楽しいライブを提供してくれた。

私は後ろの方で自由にステップを踏みながらライブを聞いているタイプ。

しかしその時ばかり観客に揉まれようがステージの近くで飛び跳ねていた。

画面越しからは想像できないエネルギーをライブで感じたバンド。

※こんな記事もあります。

SHISHAMO

f:id:Hachi32TK:20170408235817j:plain

魔法のように

君と夏フェス

※動画約25秒から楽曲スタート

熱帯夜

僕に彼女ができたんだ

明日も

3番手はSHISHAMO。

スリーピースガールズロックバンドSHISHAMOが奏でるポップな楽曲は会場の空気感を明るくする。

メジャー感を感じるコード進行とポップなメロディもさることながら3曲目の熱帯夜のようなメロウな楽曲で緩いダンスフロア感も演出することができる。

SHISHAMOもライブで見たことがあるが、演奏中の会場の盛り上がりは確かだった。

課題を挙げるならば若手バンドということもあり客の煽りがもう一歩と感じた。

独特の空気感を感じるMCがある程度型にハマればさらに飛躍するのではないかと感じる。

SHISHAMOには期待しているのでぜひ出演して頂きたい。

岡崎体育

f:id:Hachi32TK:20170409184431j:plain

割る!

SNACK

手元不如意 feat.クズノ(the PARTYS)

FRIENDS

 

MUSIC VIDEO

4番手は岡崎体育。

ユーモア溢れる楽曲とPV、ライブパフォーマンスを高く評価。

口パクを打ち明けるなどの斬新なライブパフォーマンスで会場を盛り上げること間違いなし。

幅広いジャンルの楽曲を歌う岡崎体育を推さずにはいられない。

ライブ中のMCが面白いと好評のため、他のバンドとの絡みなども見てみたい。

TRICERATOPS 

f:id:Hachi32TK:20170409184522j:plain

Shout!

 

スターライト スターライト

I GO WILD

Jewel

 

Raspberry

ライブも後半戦に突入。5番手はTRICERATOPS。

元祖踊れるロックとして有名なTRICERATOPSのポップでロックなナンバーを選曲。

初見でも踊れる愉快なビートで会場を盛り上げる。

ライブには10回以上行っているがいつ見ても最高なグルーヴで楽しませてくれる。

ライブではドラムとベースのバトルシーンが恒例であり最高潮の盛り上がりを見せる。

右手を高く上げて「フォーーー!!!」と叫んでしまう。

※こんな記事もあります。

Base Ball Bear

f:id:Hachi32TK:20170409184606j:plain

すべては君のせいで

不思議な夜

 

The Cut -feat. RHYMESTER

yoakemae

changes

6番手はBase Ball Bear。

少し特殊なコード感とカッティングが冴えわたるバンド。

ライブでもCD以上の熱いパフォーマンスを行い、オーディエンスの気持ちを高鳴らせる。

ギター湯浅正平脱退後、KIRINJIから弓木英梨乃がサポートギターとして参加。

彼女の天真爛漫なギターソロに心を奪われた。 

バンドとしてさらに進化を続けるBase Ball Bearに必要な存在としてギターを響かせる。

そんな熱いライブを生で見てみたい。 

※こんな記事もあります。

スピッツ

f:id:Hachi32TK:20170409184635j:plain

愛のしるし

 

涙がキラリ☆

小さな生き物

 

醒めない

7番手はスピッツ。

2017年には結成30周年を迎える言わずも知れたバンド。

スピッツがフェスで演奏しているところを見てみたい。

選曲はとても迷った。何せ全部名曲だから。

5曲の縛りが無かったらシングルだと「青い車」「魔法のコトバ」アルバム「小さな生き物」から「未来コオロギ」とかアルバム「ハチミツ」から「グラスホッパー」とか聞きたい曲を挙げたらキリが無い。

フェスに呼ぶのは贅沢すぎるスピッツをフェス方式で聞く贅沢。

現実だと難しいからこそスピッツを選んでみました。

YUKI

f:id:Hachi32TK:20170409184725j:plain

さよならバイスタンダー

ワンダーライン

 

JOY

ドラマチック

世界はただ、輝いて

8番手、大トリを飾るのはYUKI。 

やっぱYUKIちゃんだね!間違いない!

YUKIちゃんの魅力を5曲で伝えるなんて無理。 

選曲をしながらあーでもないこーでもないと考えに考えました。

「megaphonic」から「泣いてる怪獣」、「FLY」から「はみだせラインダンスから」、シングルだと「ハミングバード」「嬉しくって抱き合うよ」「喜びの種」とか聞きたい曲ありすぎてFesどころじゃない。ワンマン行けよって自身に言い聞かせる。

トリのステージで歌いまわるYUKIちゃんを想像しただけで満足です。

 ※こんな記事もあります。

最後に

ブログを初めて約一か月半。

意外にも早く読者100人を達成することができて嬉しく感じています。 

一つの節目として勝手にFesを考えてみましたがいかがでしょうか。

コンセプトは「音楽好きからそこまで音楽を知らない人でも楽しめるポップなFes」

実際にこんな豪華なメンツのフェスがあったら行ってみたいです。

妄想的な記事になりましたが書いていて筆者も楽しめました。

また次の節目の時、こんな企画を考えたいと思います。 

今後もはちみつChanをよろしくお願いいたします。 

◣見たいアーティストがまだまだいる!◢ 

※読者150人企画も開催しました。

※読者200人企画も開催しました。

Thank you for reading. 

next also regards.