はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



セカイイチってバンドのファンク&ソウル感がやばい

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170523222344p:plain

あなたはセカイイチというバンドを知っていますか。

気取りたくなる時に必要なBGM。

その瞬間、少しだけ特別な存在になれる気がする。

そんなお洒落な音楽を鳴らすセカイイチというバンドを紹介します。

【スポンサーリンク】

 

セカイイチ

f:id:Hachi32TK:20170321203535j:plain

画像左より吉澤、岩崎、中内

吉澤 響 Drums 1978.05.19生

岩崎 慧 Vocal / Guitar 1982.07.08生

中内 正之 Guitar / Chorus 1981.02.13生

岩崎の根底に流れるソウルフルな歌とその歌と呼吸を共にするバンドのうねるようなグルーヴ。

デビュー以来、ジャンルの枠にとらわれずグッドミュージックを鳴らし続ける歌ものロックバンド。

※公式サイトより引用

 公式サイトはこちらから。

www.sekaiichi.jp

所属レーベルについて

セカイイチは2005年に「トイズファクトリー」よりメジャーデビューをした。

その後2010年より「tearbridge records」での活動を経て2014年より自主レーベル「Anaheim Records」を設立。

メジャーデビューの頃から知っているバンドですがAnaheim Records」に変わってから鳴らす音が大きく変わりました。

よりクールになったセカイイチの楽曲を紹介します。

Grave of Music

いつもそう 空想の向こうで大事なモンは待ちぼうけ

詞:岩崎 慧

冒頭のフレーズから絶妙なクール加減。

カッティングによるリズム感とボーカル岩崎のソウルを伝える歌に心と体が揺れる。

どのシーンにも合う音楽と感じた。

ドライブ、お酒を飲みながら、散歩をするとき。

「Grave of Music」を聞くとそれだけで気取れる。

個人的にセカイイチの楽曲の中でもかなりお気に入り。

Round Table

落ち着いたテンポによる英詞の曲。

ソウルミュージックを感じられる楽曲作りがされている。

英詞を歌うことにより日本語のカクカクした感じを払拭しより彼らが鳴らしたい音に近づいたと感じた。

PVを見ても狭いスタジオで鳴らしたい音を鳴らす楽しそうな大人に見える。

ベースのスキマを埋めるような音が好みです。

New days

ファンク&ソウル、そしてオールドミュージックを感じる一曲。

コーラスがかったギター、淡々と刻むドラム&ベース

ほぼ同じコード進行でメロディーを変える。

歌ものバンドにありがちなAメロ→Bメロ→サビのような分かりやすい分岐点が無いためよりループ感を楽しむことができる。

近代音楽とは違いバンドサウンドのみで構成される同曲。

音の少なさがオールディーズを聞いているような感覚。

一昔前の洋楽のような音と音の余韻を楽しめる。

そしてフィニッシュのキメが最高にカッコいい。

ライブ会場にいたら何か叫んでいることが予想される。

「Grave of Music」

「Round Table」

「New days」etc…収録アルバム

f:id:Hachi32TK:20170321212406j:plain

最後に

セカイイチのライブには5回程行ったことがある。

どのライブを思い出してみても、ジャンルを問わず楽曲を演奏しており思わず踊りだしてしまうような雰囲気作りが上手なバンドと感じた。

セカイイチを聞いて少しだけ気取りながら生活を送ってみてはいかがでしょうか。

セカイイチの今後の活動に期待を込めて。

※岩崎 慧の妹、岩崎愛についての記事もあります。

◣セカイイチクール◢ 

Thank you for reading. 

next also regards.