はちみつちゃん

はちみつちゃん

20代後半の音楽大好き犬顔ボーカルギター男。名古屋で働く太陽系男子。「素直に生きる」をモットーに行動中!愛を伝えたい。

はちみつちゃん

MENU



ASIAN KUNG-FU GENERATIONの曲で打線を組んでみた【入門用】

【スポンサーリンク】

f:id:Hachi32TK:20170510234859p:plain

バンド結成から20周年を超えてもなお様々な活動に精力的なASIAN KUNG-FU GENERATION。

アジカンの公式サイトはこちらから。

www.asiankung-fu.com

f:id:Hachi32TK:20170306105400j:plain

通称アジカンと呼ばれる彼らの魅力を「打線組んでみた」シリーズにて取り上げます。

入門用ということもありシングル曲を中心に組んでみました。

【スポンサーリンク】

 

アジカン入門用の曲で打線組んでみた

1(中)藤沢ルーザー

2008年11月発売アルバム。

「サーフ ブンガク カマクラ」から「藤沢ルーザー」を選出。

パワーポップな楽曲はチームに勢いをつける。

テンポの良さが聞きやすい一曲。

思わず走りたくなる疾走感が1番打者として適していると感じた。

2(二)ループ&ループ (2016)

2016年11月発売アルバム。

「ソルファ(2016)」から「ループ&ループ」を選出。

※動画はソルファ版

アルバム「ソルファ」の発売が2004年10月。

音の厚みが増した「ソルファ2016」を聞いた時、基本に忠実なバッティング(音作り)を心がけている2番打者として「ループ&ループ」が適しているのではないと思い選出。

3(遊)ソラニン

2010年6月発売アルバム。

「マジックディスク」より「ソラニン」を選出。

f:id:Hachi32TK:20170306113027j:plain

映画ソラニンにより幅広い年代の人にアジカンを認知させた一曲。

作詞は漫画ソラニン作者 浅野いにお氏。

作曲はアジカンのボーカル 後藤正文が担当。

アジカンをアジカンたらしめる一曲としてチームの中心にいてほしい願いから3番打者として選出。

4(投)リライト(2016)

2016年11月発売アルバム。

「ソルファ(2016)」から「リライト」を選出。

アジカンと言えばこの曲。

エースで4番というチームに欠かせない存在としてアジカンの活動を支えてきた一曲。

パワーで全てをねじ伏せるイメージが4番打者としての選出理由。

5(右)Easter / 復活祭

2015年5月発売アルバム。

「Wonder Future」より「Easter/復活祭」を選出。

渋みを増したサウンドでチーム内の安定と調和をはかるベテラン外野手のイメージから選出。

ライブで聞いたことがあるのですがイントロのギターを聞くと背中の毛穴がキュッとしまる一曲。

6(三)アフターダーク

2008年3月発売アルバム。

「ワールドワールドワールド」より「アフターダーク」を選出。

棘のあるギターサウンドから始まりサビでのボーカル後藤が歌う高音が印象的な楽曲。

2番Bメロ終わりからの「そう来たか!」と思わせる意外性を感じる曲調を高く評価。

7(左)踵で愛を打ち鳴らせ

2012年9月発売アルバム。

「ランドマーク」から「踵で愛を打ち鳴らせ」を選出。

打線組んでみたを考えていた段階で7番はポップでキャッチーなこの曲を選出することを決めていた。

アジカンの新しい一面を持つこの曲からチームの流れを変えることを期待しての選出。

8(捕)新世紀のラブソング

2010年6月発売アルバム

「マジックディスク」より「新世紀のラブソング」を選出。

今ではライブでもお馴染みの曲。

歌詞の意味、PVの意味を考えていると迷宮入りしてしてしまいそうな一曲。

頭脳派捕手のイメージから選出。

始めて聞いた時は「どうしたアジカン!?」と不安になってしまった。

繰り返し聞くたび曲が持つスケールの大きさに感動してしまった。

個人的にアジカンベストを組む際も上位に食い込む曲です。

9(一)マーチングバンド

2012年1月発売のアルバム。

「BEST HIT AKG」より「マーチングバンド」を選出。

進研ゼミのCMソングとしてお茶の間に流れていたこの曲。

悩みや苦難に悩まされても自身の言葉を照らし進んで行けという強いメッセージ性を持つ。

9番打者から1番打者へ繋げるイメージを感じ選出。

まとめ

幅広い年代のアルバムから9曲を選出し入門用としてのオーダーを組んでみた。

1(中)藤沢ルーザー

2(二)ループ&ループ2016

3(遊)ソラニン

4(投)リライト2016

5(右)Easter/復活祭

6(三)アフターダーク

7(左)踵で愛を打ち鳴らせ

8(捕)新世紀のラブソング

9(一)マーチングバンド

様々な意見が聞こえそうなこの打線。

入門用として聞きやすさを重視した言うならばスター選手を集めた打線。

「君という花」が無い!

「バイシクルレース」はどうした!

「ブルートレインは?」

「ブラッドサーキュレータ」がないとか…

いつか本当に走攻守を考えたアジカンの打線を再度組みたいと思った。

※アルバム曲、カップリング曲含め

打線組んでみたシリーズは書いていて楽しいので他のアーティストでも挑戦しようと思います。

※アジカンのトリビュートアルバムに参加するアーティストをまとめました。

www.hachi32.com

◣消してぇぇぇ!◢

Thank you for reading. 

next also regards.